【保育士 幼稚園教諭になる方法】保育士と幼稚園教諭の違い

スポンサーリンク
保育士
スポンサーリンク

みなさん保育士と幼稚園教諭の違いって分かりますか?

僕の奥さんは保育園で保育士として働いてるんですが、たまにこんな事を聞かれるようです。

『先生は他の幼稚園に移動とかってあるんですか?』

保育士は幼稚園への転勤は無いし幼稚園教諭は保育園への転勤はありません。

※どちらの資格も保有している人は転職という形で職場を変えることはあるようです。

一般の人は保育士と幼稚園教諭の違いなんて分かりませんよね。

今回は保育士と幼稚園教諭の違いについて説明します。

保育士や幼稚園教諭になるための条件や資格試験の受験資格なんかも解説するので、これから保育士、幼稚園教諭になりたいと思っている人も参考にしてみてください。

この記事を読んだら保育士と幼稚園教諭の違いについてバッチリ理解できます!

スポンサーリンク

保育士とは

保育士さん

まずは保育士について説明します。

保育士の資格

保育士の資格について詳しく説明していきます。

保育士資格取得   文部科学省が指定する指定保育士養成施設の養成課程を経て卒業すれば取得できます。

□ 文部科学省指定 指定保育士養成施設

  • 大学
  • 短大
  • 専門学校

※ 専門の学校を卒業していなくても保育士試験を受けて合格すれば資格を取得することができ保育士として保育園で働くことができます。

保育士試験の受験資格 保育士試験を受けるには受験資格が決められています。
□ 保育士試験の受験資格
  • 大学卒業者
  • 大学中退又は在学中で62単位修得済み又は修得見込みがあると学長が認めた者
  • 短大卒業
  • 短大在学中で卒業見込みの者
  • 2年以上通う専門学校卒業
  • 2年以上通う専門学校に在学中でで卒業見込みの者
  • 平成3年3月31日以前に高校を卒業した者
  • 平成8年3月31日以前に保育科高校を卒業した者
  • 中学・高校卒業後(同等の資格を有する者含む)児童福祉施設において2年以上かつ2880時間以上従事し実身経験を積んだ者
  • 中学卒業後、児童福祉施設において5年以上かつ7200時間以上従事した者
以上の項目にひとつでも該当していれば受験資格があります。
 
 
※大学・専門学校は保育に関係ない学部学科でも以上の項目に該当するものがあれば受験資格があります。
 
受験資格に年齢制限はありません!
 
受験資格さえあれば誰でも保育士試験を受けて保育士資格を取得することができるので、年齢や性別に関係なく目指してみるのもいいのではないでしょうか。
 
子どもの頃『将来の夢は保育士さん!』って思っていたけど、今は会社員だったり主婦をしているけど保育士になる夢が諦めきれないって思っている人もいると思います。
 
そんな人も参考にしてもらえるといいと思います。
 
 

幼稚園教諭とは

幼稚園教諭

続いて幼稚園教諭について説明します。

幼稚園教諭の免許(幼稚園教諭免許状)※国家資格

幼稚園教諭の免許について詳しくみていきましょう。

幼稚園教諭資格取得  文部科学省管轄で『一種免許状』『二種免許状』『専修免許状』の3種類に分けられています。
□ 3種類の免許状について詳しくくみていきましょう。
  • 一種免許状  大学で取得できる免許状です。
  • 二種免許状  短大、専門学校で取得できる免許状です。
  • 専修免許状  大学院で取得できる免許状です。
 
各学校で所定の課程を修了すると卒業と同時に免許が取得できます。

『一種免許状』『二種免許状』『専修免許状』違いがあるの?

幼稚園教諭免許状には『一種免許状』『二種免許状』『専修免許状』の3種類ありますが、卒業した学校の違いによって取得した免許状の認定内容に違いがあるということはありません。

月収や待遇の違い

『二種免許状』取得者は『一種免許状』『専修免許状』取得者に比べて月収が低い傾向があるようです。

また『一種免許状』『専修免許状』取得者の方がクラス担任の先生たちを管理、指導する立場を任されることも比較的多いようです。

教員資格認定試験を受ける方法

幼稚園教諭免許状が無くても一定の条件を満たしていれば教員資格認定試験を受験、合格することで『幼稚園教諭 二種免許状』を取得できます。

□ 教員資格認定試験を受験できる条件

  • 高校卒業
  • 20歳以上
  • 保育士として3年以上の実務経験者

以上の条件を満たしたものが教員認定試験を受験して合格すれば『幼稚園教諭 二種免許状』を取得できます。

特例制度

特例制度により『保育士資格保有者』または『幼稚園免許状保有者』がそれぞれもう一方の資格を取得しやすくする制度です。
保育士として一定の在職経験があれば、指定の5科目8単位を取得後に都道府県教育委員会に申請すると幼稚園教諭の一種免許状または二種免許状が授与できます。
 
通信講座でも免許状を取得可能なので、働きながらでも無理なく資格の取得を目指せます。
 
               保育士資格保有者
                    ⬇️
               実務経験 3年/4,320時間
                                                  ⬇️
                                                指定科目8単位
                                           ⬇️
             免許状取得の申請(都道府県教育委員会)
                                              ⬇️
                                  幼稚園教諭免許状 授与 
                                            4年生大学:一種免許状
                                            短大・専門 二種免許状                                             
このような過程で保育士資格保有者は幼稚園教諭免許状を取得可能です。                                   
    
 

 ※『一種免許状』『二種免許状』ともに通信制大学でも卒業と同時に取得できます。 

実務経験や資格の無い社会人や主婦の方でも、国家試験を受けなくても取得できる特徴があります。   

まとめ

今回は保育士と幼稚園教諭の違いについて解説しました。

● 保育士 厚生労働省の管轄

  • 4年制大学卒業
  • 短期大学卒業
  • 専門学校卒業

上記の保育士養成課程を経て卒業すれば保育士資格を取得できます。

記事内で解説した各条件を満たしていれば年齢に関係なく保育士試験を受験でき合格すれば保育士資格を取得できます。

幼稚園教諭  文部科学省の管轄

  • 一種免許状 4年制大学卒業
  • 二種免許状 短大・専門学校卒業
  • 専修免許状 大学院

上記の各学校で所定の課程を修了すると卒業と同時に免許が取得できます。

こちらも記事内で解説した条件を満たしていれば年齢に関係なく受験でき合格すれば幼稚園教諭の免許状が取得できます。

今回解説した通りこれから保育士、幼稚園教諭の資格を取得したいと思っているお子さん学生さんはもちろん、今は会社員や主婦をしているけど保育士、幼稚園教諭になりたい!

と夢を持っている人でも受験資格を取って受験に合格すれば夢が叶うので、諦めずに挑戦するのも良いのかもしれません。

今回はこの辺で、最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

保育士
スポンサーリンク
スポンサーリンク
aizutownnetをフォローする
スポンサーリンク
AKIblog

コメント