【YouTubeチャンネルのつくり方】スマホでYouTubeチャンネルを作成【2020最新版】

スポンサーリンク
YOUTUBE
スポンサーリンク

みなさんこんにちは田舎の会社員あきくんです。

今回のテーマはYouTubeをはじめたいけどやり方が分からない?

スマホでYouTubeチャンネルって作れるの?

YouTubeをやりたいけどやり方が分からなくて諦めてしまってる人に向けて書きました。

結論から言うとスマホ1台サクッとYouTubeチャンネル作れます!

この記事を読んだら持ってるスマホで今からすぐにYouTubeチャンネルを作れます!

ぜひ最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

スマホでYouTubeチャンネルをつくる

スマホ1台あればサクッとYouTuber!

これは短い動画ですがすべてスマホ1台で作ってYouTubeに投稿してます。

【かっこいい】飛んでる白鳥2019.11.9【flying swan】 優雅ですね❗️ 白鳥 会津 かっこいい AIZUチャンネル

僕が普段使ってるiPhonexrを使って仕事の途中で撮った動画です。

白鳥を見つけてiPhoneで撮って編集してその場でYouTubeに投稿!

30分くらいですべて完結してます。

いつでも誰でもスマホ1台で簡単にできます。

YouTubeに動画を投稿するには自分のチャンネルがあると便利です。

それでは説明していきますね!

YouTubeチャンネル開設

YouTubeチャンネルを開設するにはGoogleアカウントが必要です。

Googleアカウントを作るのはそんなに難しくないのでこちらから作ってくださいね。

YouTubeチャンネルを作る

ここからはいよいよYouTubeアカウントの作成です!

✅YouTubeにサインインしてください。

右上の人マークをタップ

YouTube画面が出たら右上の人マークをタップしてください。

ログインをタップ

この画面になったらログインをタップです。

➕アカウントを追加

この画面で➕アカウントを追加をタップです。

続けるをタップ

続けるをタップです。

アカウントを作成をタップ

この画面で左下のアカウントを作成をタップです。

自分用かビジネスの管理用か選びます

こんな画面が出てきます、自分用かビジネスの管理用か選びます。

どちらでも良いと思いますが僕は自分用で作成しました。

ここでチャンネル名の入力

この画面でYouTubeのチャンネル名を入力します。

ここは本名だと嫌な人は見た人が覚えやすい名前やインパクトのある名前にすると良いと思います。

チャンネル名は後からでも変えられるので安心してください。

YouTubeチャンネル名の変更は90日間に3度までです

電話番号の入力

チャンネル名を入力して次へをタップするとこの画面になります。

電話番号を入力してください。

電話に送られてきたコードを入力

すぐに電話のメッセージにコードが送られてくるのでそのコードを入力して次へをタップしてください。

基本情報を入力

この画面で基本情報の誕生日と性別を入力です。そして次へをタップ。

Gmailの選択

この画面でGmailを設定します。

おすすめのGmailアドレスが2つと、自分でGmailアドレスを作成があるのでお好みで選択してください。

次へをタップ。

この画面で自分の電話番号を追加しますか?になりますが、追加するとなにかと便利なので僕は追加しました。

画面をスクロールすると

この画面になるので次へをタップです。

ちゃんと読んで同意するをタップ

YouTube規約を読んで同意するをタップです。

マイYouTubeチャンネルに到着!

ジャーン!!見事自分のYouTubeチャンネルの出来上がり😁

おめでとうございます㊗️🎉

あなたのYouTubeチャンネルが画面に登場したと思います。

iPhoneやiPadで動画編集をするためのアプリ【iMovie】の紹介をしてる記事です、読んでみてください!

まとめ

iPhoneでYouTubeチャンネルを作るのはハードルが高いと思ってる人が多いですが、とても簡単です。

慣れれば5分もかからずにできますよ。

新しいチャンネルも同じ手順で作成できるのでぜひチャレンジしてみてください。

iPadも同じ手順で作成できるのでiPadでもやってみてください。

ちなみに僕はこんなYouTubeチャンネルもやっています、良かったら見てください。

【感動】よさこい 『郷人』会津魂〜つなぐ〜 2019.10.20 よさこい 会津 郷人 YOSAKOI JAPAN DANCE

YOUTUBE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
aizutownnetをフォローする
スポンサーリンク
AKIblog

コメント