【無理なく習慣化する5つの方法】頑張らない頑張り方!

スポンサーリンク
副業
スポンサーリンク

頑張って頑張り続けていつの間にか心が壊れてしまう。自分はこんなに頑張っているのに成果が上がらない、誰も分かってくれない。

そんな生き方をしている人がたくさんいます、一生懸命やっているのに自分が思った結果にたどり着けないとつらいですよね!

思考はなかなか変えられません、ですが少し考えを変えるだけでもっと楽に生きられると思うんです。

今回は頑張っているのに結果が出なかったり、まわりの人に分かってもらえなくて悩んだり落ち込んだりしている人に少しでも楽な考えになってもらいたくて書いています。

僕も実際同じような事で悩んで夜も眠れない経験をした事があります、僕の経験を元に僕がどうやって悩みを乗り越えてきたかシェアします。

スポンサーリンク

習慣化するのが一番の方法!

習慣化するのが一番!

頑張るを習慣化するのが一番の方法!

まずは頑張ることって何?頑張るのは良いことなの?悪いことなの?について話してみます。

自分が頑張るとその頑張りを誰かに認めてもらいたいと思う気持ちが湧いてきます。つまりこんな図式が出来ます。

頑張る=見返りが欲しい

認めてもらう=成果・報酬

頑張った自分に対して相手から何かしらの見返りが欲しくなります。

見返りのために頑張るのは決して悪いことではないのですが、見返りがなかった場合は頑張った分気落ちしてしまいます。

良い頑張り

自分のために頑張る、頑張った結果が自分の中で完結する頑張りが良い頑張りだと思います。

その結果成果が上がったり、認めてもらうというのは別な項目と考えると良いです。データとして蓄積したりして感情とは別に管理する方法です。

悪い頑張り

頑張りと成果報酬をセットで考えてしまう頑張り、これだと自分が頑張ったと思っても成果や報酬が無いと自分を責めたり、落ち込んだりしてしまいます。

頑張りが結果によって左右されるのは良くありません!結果は単なるデータとして感情を抜きにして分析、改善、次の行動にしていった方が成果が出やすいです。

 

頑張るを習慣化する!

頑張るを習慣化!

頑張ることを頑張らずに頑張る⁉

なにやらとんちみたいな言葉になってきましたが、要は頑張ることにやる気や気合を入れずに当たり前にやる事にするって事です❗️

今まで頑張ってやっていた事をたんたんと当たり前にやる事が出来たらその結果が上手くいかなかったり、人に分かってもらえなくても当たり前にやる事なので心の波がザワつかないです。

人が日々歩くように、毎日ご飯を食べるようにただたんたんとやるのです☝️

行動はたんたんと、結果はデータ化して分析する、そして改善してまた行動。

頑張るを習慣化すると感情に流される事なく毎日たんたんと続けられます。

このたんたんと続けるのが難しくてみんな途中で挫折してしまう大きな理由になります。

成果が上がらなかったり、人に認めてもらえなかったりが邪魔をして心が消耗するからです💦

習慣化を学びましょう

習慣化するにもコツがあります、僕が実際にやってきた習慣化して継続する力をつける方法を5つ紹介します❗️

継続する力をつける5つの方法
  • できる範囲でやる
  • 小さくやる
  • 感情に左右されないでやる
  • やれない時は1mmだけやる
  • 成果はデータで見る

1,できる範囲でやる

自分の実力以上の事をやろうとするとどこかに負担が掛かります、時間、体力、精神的負担。

やってるのに消耗してしまってはダメですね💦

自分のできる範囲を知る事が大事です☝️

2,小さくやる

✅ 腕立て100回❗️

✅ ランキング10キロ❗️

いきなり高い目標を設定してしまうとすぐに挫折します、続く訳ないですよね😅

初めは小さな目標を設定するのがコツです☝️

✅ 腕立て1回

✅ ランニングじゃなくウォーキングから👍

慣れてくれば目標も上がってきます、それまでは小さくやりましょう。

3,感情に左右されないでやる

人はどうしても結果や報酬によって喜んだり落ち込んだりしてしまうものですが、感情の波が大きいほどやる気になったりやりたくなくなってしまいます。

その感情の波をなるべく小さくして日々たんたんと物事を進められたらもっと効率的にできます。

やるべきことを頭の中でイメージで考えてしまうと思考の波が揺れ動くのでメモに書き出すとか時間割にするとか一度頭の中から出して視覚化すると思考の波、感情の波を穏やかにすることができます。

4,やれない時は1mmだけやる

体調が悪かったりどうしてもやれない時ってありますよね、そんな時は無理してやらない方が良いです、ここで無理してやろうとするとやることに対して悪いイメージがついてしまうので逆効果になってしまいます。

とはいえ、完全に0だとそれもまたやらない癖がついてしまいます。

そんな時僕は1mmだけやるようにしています、1mmだけというのは

✅ ブログだったら

  • タイトルだけ
  • 各見出しだけ
  • 構成をメモる

✅ YouTubeの動画編集だったら

  • タイトルだけ
  • カット編集だけ
  • 説明文だけ

こんな感じで本当に少しだけやるようにしています☝️

これだけでも継続力の維持になるので、無理な時は1mmだけやる❗️

5,成果はデータで見る

頑張った分成果や報酬があれば嬉しいものです😊僕もそうなのでみなさんもそうだと思います。特にはじめたばかりの人は、成果や報酬に目が行くのは当たり前のことです。

ですが、はじめた当初は頑張って作業をした分に見合った成果や報酬はなかなか得られないでしょう。

その時点で諦めてやめてしまう人が大半です。

なので成果や報酬はデータで見ることをお勧めします❗️あくまでパソコン上の数字と割り切って自分がやっていることの分析のためのツール☝️

結果に一喜一憂するのはとりあえず置いておいてどうしたら数字を伸ばせるかに注力したほうが結果は出やすいです。

まとめ

今回は頑張らない頑張り方☝️

頑張るを習慣化する❗️について書きました。

頑張るのはもちろん大切なことです、僕も日々ブログや動画編集を頑張ってます。

一方で頑張る事に意識が向いてしまうと本来の目的を見失いがちになります☝️

頑張る事に頑張るって感じですね💦

なので頑張ることは無意識になるまで習慣化極力力を使わずにたんたんとこなす❗️

そして本来の目的にはしっかりと意識を持ってどうしたら目的に近づけるかを考える。

無理なく習慣化する5つの方法☝️

 

  • できる範囲でやる
  • 小さくやる
  • 感情に左右されないでやる
  • やれない時は1mmだけやる
  • 成果はデータで見る

みなさんが継続して成果を上げるための力に少しでもなれば嬉しいです😊

今回はこの辺で最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

副業
スポンサーリンク
スポンサーリンク
aizutownnetをフォローする
スポンサーリンク
AKIblog

コメント