サラリーマン自由を掴め!意志決定を自分にすると自由度があがります!

スポンサーリンク
行動
スポンサーリンク

あなたは自由ですか?そもそも自由とは何なんでしょうか?自由に生きる事の意味、自由になるにはどうしたらいいのか?そんな事をお話ししていこうと思います。

自由になりたい!

そんな事を考えている時点であなたは不自由の中にいる状態ですね。

自由になりたいと思いもがき苦しんでいると思います。でもどうしたら自由になれるのか?仕事もしなきゃいけないし家庭もある、自分はいろんな物に縛られてとても自由になんかなれない(泣)

そんな事を思って日々生活しているのではないでしょうか。

結論を言ってしまうと

自己責任!物事を自分の意思で決めると人生の自由度がアップします!

☝️ 自由ってなんだろう?

☝️ 自由になりたい

☝️ 他人に縛られないで自分の意思で生きたい

☝️ もっと自由になりたい

こんな悩みを持っている人に少しでも自分が自由になれるヒントを提供できればと思います。

スポンサーリンク

自由って何?

自由ってなに?

そもそも自由って何?どうなれば自分は自由なんだと感じられるのでしょうか?

自由の意味

 自分の意のままに振る舞うことができること。また、そのさま。

goo国語辞典参照

自分の意のままに振る舞うことができること。また、そのさま。

とあります、自分が思ったように振る舞う?

どういうことでしょうか?

例えば

  • 今日はラーメンが食べたいから食べる
  • あの人と話したいから話しかける
  • 赤い色のドレスを着たいから着る
  • 今日は会社に行きたくないから休む

自分が思った事を思ったようにやる!自分の意思に素直に従う、それが自由なんだと思います。

自由を感じられない

普段から自由を感じられない、自分はとても不自由だ。

そんな事を感じてる人は多いですね。

ではどうして不自由を感じているのでしょうか?

他人の意思で物事を決めているから!

自分の意思で物事を決める人の割合

こんな統計があります。

日本人が自分で意思決定する割合

自分で意思決定する➡︎3割

✅他人に意思決定してもらう➡︎7割

自分で意思決定する人は3割しかいないんですね!

何かをする時他人が決めた事に従う方が楽だしその他大勢でいた方が目立たないし安心するんですね。

日本人の国民性が垣間見れます。

自由を思い出せ!

子供は自由!

その他大勢の中で生きているとフッと自由になりたいと思うことがあります。

他人があなたの意思を決めてそれに従って生活するのは楽ですが、心のどこかで自由になりたい!自分で決めたい!と思う心もまた存在します。

自由になる!

本当の自由と言うのは自分の思うがままに考えて行動することですね!

なので、自由になりたいと考えるのも自由だし自由に向けて行動するのも自由です。しかしそう考えている時点で本当の自由は手に入れていない状態だと言えます。

本当の自由とは〜になりたい〜をしたいと言う思考を超越してその先にあるものだと思います。

自由の探し方

それでは本当の自由を見つけるためにはどうすれば良いのでしょうか?

  • 現状をかえりみる
  • どうなりたいのか考える
  • どうすればなれるのか学ぶ
  • あとは行動あるのみ!

人は本来自由です

人は本来自由な生き物だと思います、日々の生活や小さい頃からの教育でルールや社会通念、固定観念を教え込まれ協調性と言う言葉で個人の自由を奪っていきます。

本来の自由を取り戻したいならそんな固定観念は一度置いて心の奥にしまい込まれてしまった自由を呼び起こしましょう!

こちらの記事も読んでみてください⬇️

自由になるための方法!

ポイントだよ

ここからは自由になるにはどうしたらいいの?具体的に教えてよ?って事で僕が実践してきた方法を説明していきたいと思います!

意思決定を自分にする

 意思決定を自分でしましょう

物事を決めるときに自分が思ったことやしたい事を自分の意思に従って決めましょうって事です。

  • 他の人が違うと言ったらどうしよう?
  • こんな事をしたら変に思われないか?

そんな事は他人が勝手に決める事であってあなたにはどうしようもない事です。

まずはあなたがどうしたいか?自分の意思に素直に行動しましょう。

固定観念を捨てる

厄介なのは固定観念です!

今まで生活してきた中で『こうしなきゃいけない』『これが普通だから』という考えは否定しようとしてもなかなか消せる物ではないです。

今上で書いたことがまさに固定観念ですね!

こんな考えに縛られないのが自由です、はじめは難しいかもしれませんが、毎日思うことによって少しずつ考えは変わりますので安心してください!

固定観念を捨てる方法は毎日思うことである

自由を感じる

たとえ自由になったとしても本人がその自由を感じなければ本当の自由にはなれません。

その理由はこんな心理からきます。

  • 自分ばかり成功しても周りに悪いな
  • 人を蹴落としてまで成功したくない
  • みんなで一生に成功したい

自由になってもこんな考えが浮かんでくると自分の自由を感じられなくなってしまいます。

みんなで成功するのは素敵な事だと思いますが、まずは自分が自由になった事を十分に感じてください!

自由を感じられないといつまで経っても自由にはなれません。

自己責任は自由への第一歩

他人の意見で物事を決めるのではなく、自分の意見で物事を決める!

自分で決めると自己責任が生まれてきます。

自己責任とは?

自己責任(じこせきにん)とは、自分の責任の事。またそこから発展した「自分が起こした行動の責任は自分で取る」という考え方。

ニコニコ大百科より引用

自己責任って言うと全ての責任は自分で取れるのか?なんて論争もありますが、ここで言う自己責任とは、他人の意見ではなく自分の意見で物事を決める。

自分の意見で物事を決めると良い結果であれ悪い結果であれ自分で決めた事だから他人のせいにできない。

という意味合いで使います。

自己責任は選択の自由です

自己責任で物事を決めると選択の自由が生まれます!

例えば 

友人とラーメンを食べに行くとします、自分はA店のラーメンが食べたいが友人はB店に行きたいと言う。

友人の行きたいB店に行くのは自分の意思と反しますね、しかし自分では決められないので友人が決定したB店に行きました。

結果B店のラーメンは美味しくなかった。

内心『だからA店に行きたかったのに』と思っても自分では決められなかったのでストレスだけが残ります。

これを自分はA店に行きたいからそっちに行こう!

と自分で決めてA店に行きました。結果美味しくても美味しくなくても自分で決めた事なので自己責任です。

友人がどう思うかは自分の責任の外なのであまり関係ありません。

この例からも自己責任とはどちらを選ぶか自分で選択できる自由という事ですね!

まとめ

自由の意味

自分の意のままに振舞う事が出来る事。また、そのさま。

goo国語辞典より引用

日本人の多くは物事を他人に決定してもらう事に安心を覚えます。他人に決定してもらえば責任を負うこともないし、その他大勢でいられるからです。

でも、心の中では自分で決定したいとも思っています。

これからの時代は自分で意思決定をして物事を自分の意志で選択していく時代になってきます!

自己責任!物事を自分の意志で決めると人生の自由度がアップします!

✅ 自己責任は自由への第一歩!

✅ 自己責任は選択の自由です!

長年人の意見で物事を決めてもらっていた人は自分で決定するのは難しいです。毎日小さな決定の積み重ねで少しずつ自己責任での決定ができるようになっていきます!

ぜひ自分自身の自由を手にいれてください。

今回はこの辺で、最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

行動
スポンサーリンク
スポンサーリンク
aizutownnetをフォローする
スポンサーリンク
AKIblog

コメント